【漫画】「熱性けいれんでダイアップを使う?使わない?」

「脳や体に影響はない」

これが熱性けいれんが起きなくなるという座薬 ダイアップ!! 意見①かかりつけ医 意見②救急搬送先 意見③近くの小児科

「ネットはデマが多い」

意見④ネット 意見⑤てんかん専門医 意見⑥友人・知人 結局 親の判断だな
  1. ダイアップの使用法
  2. ダイアップの副作用
  3. ダイアップ使用の是非
  4. 個別で使用条件を決める

ダイアップの使用法

熱性けいれんを2回以上起こした子供には、けいれん予防のダイアップという座薬が処方されます。医師からは熱が37.5℃を超えた時点でダイアップを挿入するよう指示されました。

1回目の使用から8時間後も熱があるようであれば、2回目を使用します。これは血液中の薬の濃度が下がり始める8時間後に2回目を使用することで、再度濃度が上昇して、その後24時間は濃度を維持できるからです。

2回目の使用が早すぎると血中濃度が高くなりすぎ、逆に間隔が空きすぎると有効な濃度を維持できないため、8時間後をきちんと守る必要があります。

ハルは夕方から夜にかけて発熱する傾向があったため、2回目の使用は真夜中になることも多かったです。そのため、アラームをセットして、寝ているハルに座薬を挿入しました。

ダイアップは基本的には2回の挿入までです。24時間経過しても熱が下がらないときに、自己判断で3回目を挿入してはいけません。必ず医師の判断を仰ぐ必要があります。

また、解熱剤の座薬と併用する場合はダイアップ挿入後、30分開けてから解熱剤を使用するといった順番や間隔の調整も必要です。

ダイアップの副作用

ダイアップは脳に作用する薬であるため、副作用としてはふらつき、めまい、眠気、興奮などがあります。特にふらつきはよくみられる副作用で、ケガをしないようにダイアップ挿入後は子供から目を離せません。

子供によってはふらつきの副作用が2~3日続くこともあるため、しばらくは注意が必要です。ハルも挿入後は目つきがとろんとして体に力が入らず、バランス感覚が鈍っていました。

本人は「おっとっと」と楽しんでいる様子でしたが、実際はボーっとしたり、ふらついてぶつかったり、転んだりと親が付いていないと危ないです。

ダイアップ使用の是非

熱性けいれんの予防としてのダイアップの使用は、医師間でも意見が分かれています。ハルが熱性けいれんで運ばれた総合病院ではダイアップの処方がされましたが、当時のかかりつけ医はダイアップは使用しない方針でした。

その他の帰省先や引っ越しなどで何件か小児科にかかりましたが、医師によって意見は様々であり、当初は困惑したときもあります。

1

使う派の医師の意見

「ダイアップは重篤な副作用はなく、けいれんの予防効果もあるので使用しても問題ありません」

「けいれんはある程度脳に負担をかけるから、なるべく起こさないにこしたことはありません。つまり、ダイアップで予防することを推奨しています」

「子供は急激に熱が上がることが多く、37.5℃以上の発熱に気づいたらすぐ挿入するべきだと考えます」

2

使わない派の医師の意見

「ダイアップを使わない理由は3点あります。①咳が残るなど病気の予後が長くなります。②そもそも確実な予防効果は実証されておりません。③副作用の眠気と傾眠の区別がつかず、正しい診断がしにくいです」

「熱性けいれんは良性疾患であり、脳へ強い副作用が発生しやすいダイアップを入れる必要性はありません。ダイアップは親が不安にならないように使うものです」

「脳症や髄膜炎といった重篤な病気でもけいれんは発生します。ダイアップを入れ続けていると、熱性ではないけいれんも発生しなくなり、重篤な病気の発見が遅れるリスクがあります」

個別で使用条件を決める

医師でも意見が分かれているため、どの意見を取り入れるかは親の判断になります。私個人の意見としては「信頼できるかかりつけ医が否定的だった」と「よくアドバイスを貰うママ友も使わない派だった」ことから、なるべくダイアップは使わない方針となりました。

ただし、ダイアップが良性疾患とわかっていても「我が子のけいれんを2度と見たくない、起こしたくない」という気持ちもあったため、以下の条件にすべて該当した場合のみ、ダイアップを使用することにしました。

  1. ハルが熱性けいれんを起こしたときは、すべて40℃以上の高熱であったため、39.5℃以上の発熱があるときに使用する。
  2. 熱性けいれんはその病気の熱の上がり始めに起こることが多く、ハルのけいれんもすべて発熱から24時間以内でぶり返しはなかったため、発熱初日のみ使用する。

周囲の熱性けいれん持ちの親たちと話したときも、ダイアップは使う派と使わない派はイーブンといった感じでした。このように医師に相談しながらも、親が子供の様子で判断するしかありません。

ハルが2歳のときは熱を出すたびに40℃近くなることが多く、何度かダイアップを挿入していました。3歳を過ぎたころから高熱の頻度は落ち着き、3歳以降はダイアップは入れなくなりました。

また、5歳を過ぎたら先ほどの2つの条件に当てはまる場合でも、ダイアップは挿入せずに様子を見るつもりです。

【漫画】「エア遊具で子供が突き飛ばされる!親はどこ?」

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2017.05.22
更新日更新日 2017.06.06
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
【漫画】「粉薬の飲ませ方は?子供が喜んで食べる方法」
【漫画】「粉薬の飲ませ方は?子供が喜んで食べる方法」
マンガでわかる育児 イライラパパ
個人差はありますが、2歳のハルの場合は「薬=苦い」と思い込んでいるため、ヨーグルトやアイスなどの多少甘い物に混ぜても、吐き出しました。意...
【漫画】「熱性けいれん後の脳波検査でてんかんを調べる」
【漫画】「熱性けいれん後の脳波検査でてんかんを調べる」
マンガでわかる育児 イライラパパ
脳には微弱な電気が流れていて、極度の興奮や緊張時のγ(ガンマ)波、集中や注意時のβ(ベータ)波、覚醒や安静時のα(アルファ)波、浅い睡眠...
【漫画】「3回目の熱性けいれん!その1時間後に‥‥」
【漫画】「3回目の熱性けいれん!その1時間後に‥‥」
マンガでわかる育児 イライラパパ
1歳のときは3週間に1回のペースで風邪をひいていましたが、2歳になった直後から風邪をひくと、必ず39.5℃~40.2℃に達するようになりました。1回...
【漫画】「熱性けいれんで救急車を呼んだあと‥‥」
【漫画】「熱性けいれんで救急車を呼んだあと‥‥」
マンガでわかる育児 イライラパパ
総務省消防庁によると、救急に連絡してからの現場に到着するまでの所要時間は2014年時点で平均8分36秒でした。今回は約5分で来てくれたため、相当...
【漫画】「保育園の入所条件は正社員・通勤・核家族?」
【漫画】「保育園の入所条件は正社員・通勤・核家族?」
マンガでわかる育児 イライラパパ
都市部の保育園では待機児童が一般化していますが、そうならないために多くの人が点数を1点でも多く上げる努力をしています。保育園に入れる基本...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
イライラパパ
イライラパパ
IRAIRA PAPA
夫、妻、長男、長女の4人家族です。温厚で怒らない性格のはずが、子育てではイライラの連続です。
イブキミノ
イブキミノ
IBUKI MINO
30歳オーバーにして、脱サラしたイラストレーター兼漫画家。丸っこいものに囲まれて暮らすのが夢です。

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK