【漫画】第7話「熱性けいれんで救急車を呼んだあと‥‥」

「救急車であれを探す」

来た!! がんばれ~ 3分後 救急車の音がする!

「医師の診察では‥‥」

何才かな~ 意識もはっきりしてますし おそらく熱性けいれんでしょう また起きるかしら‥‥ 3週間後

救急車到着から診察を受けるまでの流れ

総務省消防庁によると、救急に連絡してからの現場に到着するまでの所要時間は2014年時点で平均8分36秒でした。今回は約5分で来てくれたため、相当早くて助かりました。

私たちはわかりやすいように外で待機していましたが、救急隊員がそれに気づくとサイレンの音は消して、自宅前に救急車を横付けします。すぐにバッグドアが開き、子供をベッドに載せると、救急車が発車します。

救急隊員は3人です。運転手である機関員は運転に集中、助手席で救急隊長が受け入れ先の病院を探し、救急隊員が患者の処置を行います。病院は近くの市立病院が見つかり、そこに急行しました。

当時住んでいた埼玉県は人口10万人あたりの医師数が全国最下位だったりと、医療分野で不安がありましたが、埼玉県の中でも地域で差があり、子供が小さいうちは近隣に救急病院があると安心です。

実際には救急車の中で子供の意識が回復して、親から見ても元気であったため、病院についてからは救急対応というより、夜間外来と同じ待合室で順番を待って、診察に入りました。

当直医も一通りの問診や触診を行い、熱性けいれんでは特に処方箋もないため、意識がはっきりしていることを確認して、診察が終わりました。帰りはハイヤーを呼んで帰宅です。

【漫画】第8話「2回目の熱性けいれん!40分間意識なし」

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2017.03.13
更新日更新日 2017.05.25
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
【漫画】第8話「2回目の熱性けいれん!40分間意識なし」
【漫画】第8話「2回目の熱性けいれん!40分間意識なし」
マンガでわかる育児 イライラパパ
1回目の熱性けいれんが発生したときに病状などを徹底的に調べ、仮に次に起きたときは「救急車を呼ばなくても大丈夫」という体制にしていたのです...
【漫画】第6話「初めての熱性けいれんで救急車を呼ぶ」
【漫画】第6話「初めての熱性けいれんで救急車を呼ぶ」
マンガでわかる育児 イライラパパ
消防庁の「救急車を上手に使いましょう」というパンフレットによると、救急車を呼ぶ症状として、子供の場合は「けいれんが止まらない」と「けいれ...
【漫画】第9話「3回目の熱性けいれん!その1時間後に‥‥」
【漫画】第9話「3回目の熱性けいれん!その1時間後に‥‥」
マンガでわかる育児 イライラパパ
1歳のときは3週間に1回のペースで風邪をひいていましたが、2歳になった直後から風邪をひくと、必ず39.5℃~40.2℃に達するようになりました。1回...
【漫画】第16話「保育料は月平均2~3万円!年収と市区町村で差」
【漫画】第16話「保育料は月平均2~3万円!年収と市区町村で差」
マンガでわかる育児 イライラパパ
厚生労働省が調査した「平成24年 地域児童福祉事業等調査の結果」によると、児童1人あたりの平均保育料は月20,491円でした。2万~3万円未満が...
【漫画】第13話「粉薬の飲ませ方は?子供が喜んで食べる方法」
【漫画】第13話「粉薬の飲ませ方は?子供が喜んで食べる方法」
マンガでわかる育児 イライラパパ
個人差はありますが、2歳のハルの場合は「薬=苦い」と思い込んでいるため、ヨーグルトやアイスなどの多少甘い物に混ぜても、吐き出しました。意...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
イライラパパ
イライラパパ
IRAIRA PAPA
夫、妻、長男、長女の4人家族です。温厚で怒らない性格のはずが、子育てではイライラの連続です。
イブキミノ
イブキミノ
IBUKI MINO
30歳オーバーにして、脱サラしたイラストレーター兼漫画家。丸っこいものに囲まれて暮らすのが夢です。

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK