【漫画】第4話「ティッシュやおむつなどを間違えて洗濯する」

「フタを開けると絶望感」

うわっ!ティッシュ 子供が生まれてから間違えて洗濯したものが増えたよね 第5位 落ち葉 第4位 お菓子

「第1位は夏のアイツ」

第3位 クレヨン 第2位 紙おむつ なんだ?この黒いの‥‥ 第1位 セミの死骸

洗濯機で紙おむつを洗ったときの対処法

洗濯でよく起こす失敗は「ポケットにティッシュを入れっぱなしで洗濯」、あとは「色が抜けた、色移りした、縮んだ、伸びた、乾かすのを忘れて放置」などです。ただ、これは子供がいなくてもやらかしていました。

子供がポケットにものを入れるようになってからは、過去にはなかったミスが追加されます。今まで一緒に洗って嫌なものワースト1はセミですが、面倒だったものワースト1であれば、個人的には紙おむつです。

紙おむつの吸水ポリマーがゼリー状になって、洗濯機にべっとりと付いたり、洗濯槽の隙間に入り込んだりします。一緒に洗った服にも絡みつき、すぐに対処できるものではありません。

まずは洗濯機のくず取りネットをきれいにブラシで洗い、洗濯槽はよく拭き取り、1度洗濯機を空のままで洗い、すすぎ、脱水をします。さらに今度は酸素系の洗濯槽クリーナーで洗濯槽を掃除します。

洗濯物は手やガムテープでできる限り取り除きます。1度乾かしてしまって、服を叩いたり、コロコロで細かい付着物を取ります。最後にもう1度それらを洗濯して完了です。結局3回も余計に洗濯機を回すことになりました。

【漫画】第5話「どういう教育してんのよ!と突然言われる」

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2017.02.02
更新日更新日 2017.05.25
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
【漫画】第5話「どういう教育してんのよ!と突然言われる」
【漫画】第5話「どういう教育してんのよ!と突然言われる」
マンガでわかる育児 イライラパパ
外出先では自分の子供もそうですが、他人の子供同士のトラブルにさえ、滅多に遭遇しません。まだ、3歳程度ではケンカに発展しないですし、目を離...
【漫画】第3話「砂場で知らない子供の世話をさせられる」
【漫画】第3話「砂場で知らない子供の世話をさせられる」
マンガでわかる育児 イライラパパ
公園の遊具施設や広さにもよりますが、対象年齢が6歳以上になっている滑り台があったり、小学生が激しく遊んでいると、3歳くらいまでは子供だけ...
【漫画】第14話「キュータマなしで音を出す方法!63種類の一覧」
【漫画】第14話「キュータマなしで音を出す方法!63種類の一覧」
マンガでわかる育児 イライラパパ
キュータマの裏には突起物があり、これを変身ベルトにある穴に刺し込むことで、音が鳴ります。そのため、突起物の代わりに爪楊枝などの細い棒を刺...
【漫画】第7話「熱性けいれんで救急車を呼んだあと‥‥」
【漫画】第7話「熱性けいれんで救急車を呼んだあと‥‥」
マンガでわかる育児 イライラパパ
総務省消防庁によると、救急に連絡してからの現場に到着するまでの所要時間は2014年時点で平均8分36秒でした。今回は約5分で来てくれたため、相当...
【漫画】第12話「熱性けいれんでダイアップを使う?使わない?」
【漫画】第12話「熱性けいれんでダイアップを使う?使わない?」
マンガでわかる育児 イライラパパ
熱性けいれんを2回以上起こした子供には、けいれん予防のダイアップという座薬が処方されます。医師からは熱が37.5℃を超えた時点でダイアップを...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
イライラパパ
イライラパパ
IRAIRA PAPA
夫、妻、長男、長女の4人家族です。温厚で怒らない性格のはずが、子育てではイライラの連続です。
イブキミノ
イブキミノ
IBUKI MINO
30歳オーバーにして、脱サラしたイラストレーター兼漫画家。丸っこいものに囲まれて暮らすのが夢です。

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK