妊娠線は予防がベスト!高額治療でも完全には消えない

1度できてしまった妊娠線は消えないと認識する

1度できてしまった妊娠線は消えないと認識する

妊娠で妊娠線(ストレッチマーク)が発生

妊娠線とは別名「ストレッチマーク」と呼びます。stretch(真っ直ぐ伸びる)+mark(しるし)という意味の通り、お腹が大きくなるにつれて、皮膚がその伸びに追いつかず、ひび割れのような線ができてしまうことです。

1度でもできてしまうと、目立たなくなることはあっても完全に消すことはできない症状です。そのため、妊娠線のケアを怠ったことで後悔しないようにしっかりと専用のクリームやオイル予防していきたいです。

仮に妊娠線が発生してしまっても諦めてはいけません。きちんとケアをしない場合はさらに線が濃くなったり、広がったりすることがあります。逆にあとから丁寧なケアをすることで、多少は薄くすることも可能です。

妊娠線の予防法は体重制限と乾燥対策

妊娠線の予防法は次の2点が大切です。1点目は「急激なサイズアップを防ぐこと」です。妊娠でお腹が膨らみますが、さらに食べすぎなどで短期間で急激にお腹が出ることでも、妊娠線ができやすくなります。

現在は昔と違って、妊娠中毒症などの危険を防ぐため、妊婦の体重制限も厳しくなっています。そういった観点からも体重のコントロールは重要です。

2点目は「肌を乾燥させないこと」です。元々、皮膚はしなやかに伸びる性質を持っていますが、乾燥すると肌表面が硬くなり伸縮性が鈍ります。それにより皮膚が割れて、妊娠線ができやすくなります。

さらにその皮膚の下にある真皮や皮下組織は、伸縮しにくい構造になっているので、肌表面が乾燥していなくても保湿が欠かせないです。

そのため、お風呂上がりや朝起きたときに、クリームやオイルで優しくマッサージして、肌を潤いのある柔らかい状態にしておくことが大切です。

妊娠4カ月を目安にスキンケアを開始

クリームやオイルなどのスキンケアは、つわりが治まって安定期に入る妊娠4カ月ごろを目安に始めましょう。個人差はありますが、この頃からお腹の膨らみが少しずつわかるようになります。

また、この時期はつわりが治まって食欲が増加するので、急激な体重増加も起こりやすいです。体重のコントロールにも気を配りましょう。

妊娠線は背中やおしりにも出る人がいる

妊娠線はつい大きくなっていくお腹だけを考えてしまいますが、実は妊娠線ができるのはお腹だけではありません。これが盲点であり、気づいたときには思いもしない場所に妊娠線ができていることがあります。

お腹以外でできる箇所は背中、おしり、足の付け根や太もも、胸、二の腕、膝裏といった広範囲です。

皮膚はつながっているので、お腹の皮膚が引っ張られれば、胸や背中などのつながっている部分も引っ張られます。お腹をメインに、周りの部分にも気をつけてケアするようにしましょう。

専用のクリームやオイルでケアする妊娠線

妊娠線予防のクリームはなでるように塗る

妊娠線予防クリームを塗るときは、同時に適切なマッサージをすることで効果が期待できます。ただし、クリームを浸透させ、皮膚を柔らかく保つことが目的ですので、必ずしもこの通りにやらないといけないというわけではありません。

注意点としては決して強く揉んだりせずに、なでるようなイメージで行います。お腹が張ったり気分が悪くなったときは、無理せずに中断しましょう。

  1. クリームを手に取り、手のひらで伸ばして暖めます。暖めることで伸びがよくなり、血行を促進できます。
  2. お腹に手の平全体をあてて、優しく「の」の字を書くような感じで全体にクリームを伸ばします。子宮の収縮を促したりしないように、特に優しく伸ばすことを心がけましょう。
  3. お腹の側面から背中、背中から腰の順に手の平を持っていき、優しくクリームを伸ばします。クリームは足りないようならその都度足します。少ないと力が入ってしまうので、あまりケチらずにたっぷりと使用することがコツです。
  4. バストは乳首に向かって下から持ち上げるように、優しくマッサージします。二の腕は肘から肩のほうに向けてマッサージします。
  5. 下半身は膝裏から太もも、足の付け根、おしりに向かって、下から上に優しくマッサージします。

最も効果的な時間帯は、肌が柔らかくなってクリームの浸透が良い入浴後です。妊娠後期でお腹が大きくなってきたら、1日2回、朝晩に行います。

日々の継続が大事ですので、時間のないときはできやすいお腹に絞るなどして、無理のない範囲で続けます。お腹でも足の付け根の上あたりは特にできやすいので、ここだけは毎日やっておきたいです。

肌ケアではなく専用の妊娠線予防クリームがおすすめ

妊娠線の予防には一般的な肌ケアのクリームではなく、専用の妊娠線予防クリームがおすすめです。血行促進させる効果があったり、使われている成分が刺激が少ないので、妊婦には安心です。

体験談として妊娠線はオイルやクリームで予防するでも紹介していますが、特にヴェレダのヴェレダ マタニティストレッチマークオイルは継続して使いました。

普段、保湿や美白などに使うクリームやオイルでも問題ありませんが、その場合は刺激の強いものは避けて、肌に優しい成分のものを選びます。特に尿素成分が強いものは刺激を感じやすいので、できれば避けましょう。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2012.09.29
更新日更新日 2015.04.19

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
コドミィ編集部
コドミィ編集部
執筆・編集
妊娠、出産、育児の疑問を徹底解説。出産後の手続きや子連れで楽しめる旅館など、パパとママの不安を解消します。

関連する記事

RELATED ARTICLES
出産後の生理再開の時期!授乳や育児ストレスとも関係
出産後の生理再開の時期!授乳や育児ストレスとも関係
出産後に「生理はいつ再開するのか?」と疑問に思うママは多いです。例えば「赤ちゃんの世話で大変。しばらくは再開しないでほしい」と思うママも...
恥骨痛を緩和する対策!骨盤ベルトと動作が大切
恥骨痛を緩和する対策!骨盤ベルトと動作が大切
妊娠中、特に妊娠後期になってくると、多くの妊婦さんが足の付け根の痛みである「恥骨痛」に悩まされます。例えば「立ち上がるときや歩くと痛い」や...
【漫画】子連れで電車に乗るときのマナー!パパが気を付けること
【漫画】子連れで電車に乗るときのマナー!パパが気を付けること
小さい子供と一緒の外出は荷物が多いです。通常は「タオル、帽子、着替えセット、飲み物、おやつ」、0~3歳くらいは「オムツ、おしりふき、よだれ...
【漫画】熱性けいれんでダイアップを使う?使わない?
【漫画】熱性けいれんでダイアップを使う?使わない?
熱性けいれんを2回以上起こした子供には、けいれん予防のダイアップという座薬が処方されます。医師からは熱が37.5℃を超えた時点でダイアップを...
【漫画】保育園の入所条件とは?正社員・共働き・通勤など
【漫画】保育園の入所条件とは?正社員・共働き・通勤など
都市部の保育園では待機児童が一般化していますが、そうならないために多くの人が点数を1点でも多く上げる努力をしています。保育園に入れる基本...

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK