生後1カ月 - 身長と体重が1日ごとに増えて動きが活発になる

赤ちゃんの健康状態を1カ月健診で把握する

赤ちゃんの健康状態を1カ月健診で把握する

成長成長
  • 平均身長は50.0~59.6cmです。
  • 平均体重は3.4~6.0kgです。
  • 身長は3~5cm伸びて、体重が0.6~1.2kg増えます。
  • 目で物を追ったり、じっと見つめます。
  • 生後1~2カ月で笑うようになります。
  • 泣き声が強くなり、泣き方に違いが出ます。
  • 足で掛け布団を蹴飛ばします。
生活生活
  • 新生児よりも起きている時間が増えます。
  • 授乳中に寝ることなく、最後まで飲めたりします。
  • おっぱいを吸う力が強く、1度にたくさん飲めます。
  • 授乳時間は間隔が徐々に空いてきます。
  • おしっこは1日10~20回、うんちは2~6回程度です。
  • 脂漏性湿疹ができやすいため、肌ケアが必要です。
遊び遊び
  • ママやパパがニコッとすると笑顔になります。
  • 赤と黒など色がはっきりしたおもちゃを見せます。
  • ベッドメリーや音が出るおもちゃに興味を示します。
予定予定
  • 1カ月検診を受けます。
  • お宮参りに行きます。

日増しに伸びる身長と増える体重

生後0カ月からの1カ月間では、1日あたり身長が1mmほど伸びて、体重が30gほど増えて続けます。筋肉も付くために手をバタバタと動かし、足で布団を蹴りあげます。筋肉の周りには脂肪も増えて、ムチムチとしています。

顔を左右に動かしながら、顔や物を目で追う行為も見られます。特に色が濃い赤、黒、白のコントラストは見えやすいため、そのような色をした柔らかいおもちゃが最適です。

音にも敏感でママの声も認識します。優しく笑顔で語りかけると生後1カ月の後半から2カ月にかけて、笑い返すようになります。寝ているときにもニヤニヤ顔を見せることもあります。

1カ月健診で全体的な成長をテスト

1カ月健診では身体測定で体の成長を把握し、医師の触診で病気の有無を診ることがメインです。血液検査やエコー検査などは行いません。

診断項目内容
身長骨の成長具合がわかります。
体重栄養の吸収率がわかります。
頭囲水頭症や小頭症などの発症を調べます。
胸囲全体的な体の成長を測ります。
頭部頭蓋骨早期癒合症などの有無を診ます。大泉門の開き幅が小さすぎると精密検査が実施されます。
視力目が見えているかを確認します。
聴力耳が聞こえているかを確認します。
口腔口の中や舌に発生するカビをチェックします。カビが増殖すると、真っ白になります。
筋肉が一方向にしか動かない筋性斜頸を確認するため、しこりの有無を確認します。
心臓心音に含まれる雑音を聞き分け、心臓疾患の有無を調べます。
内臓肝臓や腎臓は触診をして、内臓に潜むしこりの有無を診ていきます。
腹部・へそおへそが湿っていると菌が繁殖するため、乾いているかを確認します。鼠径ヘルニアも調べます。
大腸下腹部を押すことで便の詰まりがわかります。
性器・肛門男の子は陰嚢と睾丸、女の子は外陰部などが正常であるかを調べます。
皮膚黄疸、あせも、湿疹、あざなどの状態を調べます。
股関節股を外側に開いて、股関節脱臼の発症を確認します。
筋肉両手で引き起こしたときの反応で筋肉の状態を調べます。脇を抱えると足を動かす自動歩行も確認します。
反射大きな音に対するモロー反射、手の平や足の裏を押すことで指が曲がる把握反射、口を刺激することで吸い付こうとする吸啜反射を調べます。

これ以外にも母乳やミルクの回数、飲む量と速度、うんちの回数と色、睡眠時間、生活習慣などの問診が行われます。

生後1カ月の赤ちゃんのスケジュール例

時刻赤ちゃんママパパ
00:00母乳
うんち
就寝
01:00
02:00
03:00母乳
うんち
04:00
05:00
06:00母乳
うんち
07:00起床起床
08:00朝食朝食
出社
09:00母乳
うんち
10:00
11:00
12:00母乳
うんち
昼食昼食
13:00
14:00沐浴
15:00母乳
ミルク
うんち
16:00
17:00
18:00母乳
うんち
帰宅
19:00夕食夕食
20:00風呂風呂
21:00母乳
ミルク
うんち
就寝
22:00
23:00

母乳は8回、ミルクは2回、うんちは8回でした。睡眠は3時間おきに18時間です。生後0カ月のときよりも母乳をたくさん飲むようになり、ミルクの回数が減っています。ゲップは上手になり、吐き戻しの回数も減りました。

うんちの平均的な回数は2~6回ですが、このケースでは授乳後に毎回しています。ただし、3日便秘になることもあり、一定ではありません。

生後1カ月で気になるママの疑問や不安

体重がほとんど増えていない

豊田亜香里さん 28歳 女性 ヨガインストラクター

出産後1カ月ほど経過していますが、体重が出産時から500gしか増えていません。母乳の出が悪いと思って助産師さんに確認してもらっても異常は見られず、原因が思い当たりません。母乳の量が普通にもかかわらず、子供の体重が増えないことが心配です。

子供の体重増加のカーブは個人差があり、特に生後1カ月の場合はその差が大きいです。仮に最初に生まれた体重が3,800gと大きくても、1カ月後は4,200g、1年後もあまり増えずに平均値より低いの8kgの子もいます。

生後1カ月であれば、体重がほとんど増えない子や逆に1kg以上増える子もいて、これらは確かに母乳の量に影響されることもありますが、その時期の栄養吸収率やうんちの量でも変わってきます。

体重が増えるときには急に増えたりしますから、平均値に収まっている限りはあまり心配しすぎないことが大切です。1カ月健診で医師に診てもらうときに相談をして、健康上の問題が見つからないのであれば大丈夫です。

生後1カ月でお宮参りに行けない

田中亜依さん 29歳 女性 ウエディングプランナー

生後1カ月を過ぎてもお宮参りに行っていません。本来なら生まれて1カ月で両家の両親と共に行きますが、都合が付かない状態です。1カ月をしばらく過ぎてからお宮参りに行っても大丈夫でしょうか?

お宮参りは元々は生後1カ月を機に、地元を守る氏神様に新しく子供を授かったことを報告して、成長を見守ってもらう趣旨があります。

ただし、今はそれぞれ事情があって1カ月ちょうどでお宮参りに行けない家庭も一般的です。特に時期に関してはずれても問題ありませんし、忙しいために優先度を下げたり、宗教上の理由により避けるケースも存在します。

また、お宮参りは赤ちゃんは父方の祖母に抱っこされることが儀礼ですが、両家の祖父母が集まることも難しいご時世です。最近はどちらの祖父母も呼ばずに簡単なお参りと写真撮影のみという人も多いため、あまり気にする必要はないでしょう。

乳幼児突然死症候群を予防したい

松浦香澄さん 26歳 女性 パティシエ

よくニュースで新生児が原因不明の突然死をしたという話を聞きます。私たちは初めての子供で突然死について、漠然とした不安があるのですが、何か気をつける点はありますか?

新生児が原因不明の突然死をする病気を「乳幼児突然死症候群」と呼びます。特に生後1カ月程度の新生児に起こりやすい傾向があり、心配になるママやパパも多いです。

乳幼児突然死症候群の主な原因の1つにうつ伏せで寝かせてしまうことがあります。これはまだ首の力が弱く、自分で頭を起こせないので窒息してしまうためです。

赤ちゃんを眠らせるときに必ず仰向けに寝かせるようにして、毛布や布団をかけすぎて口元を塞がないようにも注意したいです。

また、生後まもない赤ちゃんもそうですが、2歳までは基本的に子供からは目を離さずに様子をよく観察して、何か変わったことがないか注意することが1番大切になります。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた記事を掲載しておりますが、記事を参考にする際はご自身の責任のもと、ご利用いただくようお願いいたします。
公開日公開日 2015.02.25
更新日更新日 2015.11.25
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
0歳の子供とおでかけ!ベビーサイン教室やプレイパークで遊ぶ
0歳の子供とおでかけ!ベビーサイン教室やプレイパークで遊ぶ
出産後のママと育児 おでかけスポット
子育てにおいて自宅以外の場所で得られる刺激は、子供の成長にとって非常に重要な意味を持ちます。年齢や性別によって行きたい場所や行かせたい場...
【漫画】2歳「砂場で知らない子供の世話をさせられる」
【漫画】2歳「砂場で知らない子供の世話をさせられる」
マンガでわかる育児 イライラパパ
公園の遊具施設や広さにもよりますが、対象年齢が6歳以上になっている滑り台があったり、小学生が激しく遊んでいると、3歳くらいまでは子供だけ...
子供の塗り薬を比較!プロペト・ヒルドイド・アズノールなど
子供の塗り薬を比較!プロペト・ヒルドイド・アズノールなど
病気・トラブル対策 子供の体調不良
私の息子は肌が弱めであり、年中赤くなって、特に夜はかゆみが増してかわいそうでした。娘は女の子ということもあり、息子よりは肌が丈夫ですが...
妊娠8カ月(28~31週) - 子宮に圧迫されて長時間眠れない
妊娠8カ月(28~31週) - 子宮に圧迫されて長時間眠れない
妊娠中のママと胎児 妊娠数カ月
妊娠8カ月になると、赤ちゃんと同じような体つきをしており、あとは大きくなるだけにまで成長しています。臓器や神経なども普通の人間と変わらな...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
コドミィ編集部
コドミィ編集部
EDITORIAL DEPARTMENT
妊娠、出産、育児の疑問を徹底解説。出産後の手続きや子連れで楽しめる旅館など、パパとママの不安を解消します。

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK