妊娠8カ月(28~31週) - 子宮に圧迫されて長時間眠れない

生まれても大丈夫な状態にまで成長

生まれても大丈夫な状態にまで成長

成長成長
  • 平均身長は42cm、平均体重は1,700gです。
  • 新生児と変わらない顔つきや表情が見られます。
  • 聴覚が完成して、音をはっきりと聞きとれます。
  • 心臓、肺、腎臓の機能が充実していきます。
  • 脳や神経などの働きはほぼ完成されています。
  • 体が大きくなって、お腹の中では縦向きでいます。
生活生活
  • お腹がせり出して、背中や腰に負担が集中します。
  • 息切れが起こりやすく、手足もむくみます。
  • 妊娠高血圧症候群の予防を意識し始めます。
  • 夜は何度も起きてしまい、長時間眠れなくなります。
  • 子宮が大静脈を圧迫して、息苦しさを感じます。
  • 子宮が膀胱を圧迫して、トイレが近くなります。
予定予定
  • 2週に1回健診を受けます。
  • 入院グッズの準備をします。

しゃっくりでお腹がピクピクと動く

妊娠8カ月になると、赤ちゃんと同じような体つきをしており、あとは大きくなるだけにまで成長しています。臓器や神経なども普通の人間と変わらないほどに機能し始める時期です。

この時期にはお腹がピクピク痙攣するような胎動を感じることがよくあります。これは赤ちゃんに何か問題があるわけではなく、赤ちゃんがお腹の中でしゃっくりをしている結果です。

なぜお腹の中の赤ちゃんがしゃっくりするかは不明ですが、しゃっくりができるほど体の機能が発達しているという証拠ですので、心配はいりません。

カロリーと栄養のコントロールをする

妊娠8~10カ月の妊娠後期になると、体はむくみやすい状態になります。個人差はありますが、妊娠をするとひどい浮腫に悩まされやすいです。毎日どんどん足が太くなっているように感じるかもしれません。

このような妊娠による継続的なむくみは、出産後にすぐに改善するために心配する必要はありません。しかしながら、この時期の妊婦はきちんと健康管理をしないと、妊娠高血圧症候群になりやすいために注意が必要です。

妊娠高血圧症候群の主な症状は「高血圧、浮腫、尿蛋白」です。ただし、浮腫のみでは特に問題がないですし、尿蛋白が上がっても直接問題が発生するわけではありません。この中では高血圧のみが心配な症状です。

仮に妊婦が高血圧を発症して、その状態を長く放置してしまうと、胎児に栄養がうまく運ばれずに低体重児で生まれたり、早産を発生するリスクが上昇しやすいです。

そのため、日常的にカロリーと栄養のコントロールを意識しましょう。仮に高血圧や尿蛋白になった場合は、必ず医師の指示に従うことが大切です。

夜に長時間寝られない3つの要因

1

お腹の赤ちゃんが激しく動く

お腹の赤ちゃんが激しく動くようになるほど、ママは日常的な動作をすることも大変になってきます。その疲れから普段よりも多くの睡眠時間を確保したいですが、夜に長時間眠ることがなかなかできません。

その理由の1つにお腹の赤ちゃんの睡眠サイクルは短いことがあげられます。例えば、胎児が3時間起きに目を覚ますたびに、胎動でお腹を蹴られたりしてしまうわけです。

胎動に慣れることで平気なママもいますが、夜に長い時間眠ることがなかなかできない人にとってはつらい時期です。

そのときは「この時期に眠りにくくなることは仕方がない」と気持ちを切り替えて、夜に長時間眠ることは諦めましょう。その代わりにこまめに昼寝をすることで全体の睡眠時間を確保していきます。

また、お腹に負担がかからない体勢を見つけて、空いた時間になるべく横になるだけでもかなり楽になります。

2

大静脈や膀胱を圧迫されてしまう

妊娠8カ月を過ぎると、お腹が大きいことでも寝苦しくなります。特に膨らんだ子宮は大静脈を圧迫するために息苦しさを感じる傾向があり、寝たとしても熟睡できません。

同時に膀胱が圧迫されるためにトイレの回数も増えます。熟睡できたとしてもトイレは我慢できないために、2~3回は起きないといけません。

寝る前に大量の水分を補給しないようにして、なるべくリラックスできる姿勢で眠れるように足を高くしたり、横向きで妊婦用のクッションを抱えて寝るなど、自分に適した安眠方法を試してみましょう。

3

出産への不安がストレスに変わる

妊娠後期になるとお腹も大きくなって重みでつらくなりますし、睡眠時間が足りないと思考力や判断力が低下します。それに伴い出産への不安がストレスになりやすく、なかなか夜に寝付けないという人も多いです。

このように出産に対する心配事や悩み事があるときは、1人でストレスを抱え込まないで、なるべくパパや主治医に話すと気持ちが楽になります。

また、安眠するためには寝る2時間前までに食事を済ませ、寝る1時間前からはテレビやスマホの光を見ないようにしましょう。食事をすると内臓が消化活動を始めてしまうために落ち着きませんし、テレビやスマホの光は視覚神経を刺激して、興奮作用を促してしまいます。

逆に寝る前にストレッチを行ったり、カモミールやクランベリーなどのハーブティーを飲むと、体の緊張がほぐれてリラックスしやすいです。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた記事を掲載しておりますが、記事を参考にする際はご自身の責任のもと、ご利用いただくようお願いいたします。
公開日公開日 2015.02.18
更新日更新日 2015.04.19
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
妊娠9カ月(32~35週)  - 妊娠高血圧症候群を予防する
妊娠9カ月(32~35週) - 妊娠高血圧症候群を予防する
妊娠中のママと胎児 妊娠数カ月
妊娠9カ月の赤ちゃんは全体的に皮下脂肪が増えて、指先までもムチムチとしています。さらに爪や髪の毛もしっかり伸びていることが確認でき、新生...
妊娠7カ月(24~27週) - エコー検査でBPDやFLなどを確認
妊娠7カ月(24~27週) - エコー検査でBPDやFLなどを確認
妊娠中のママと胎児 妊娠数カ月
妊娠7カ月目になると目、鼻、口などがはっきりしてきます。特にまぶたの形がはっきりしているため、基本的には目をつぶっていますが、すでに親に...
【漫画】2歳「子供が自分でご飯を食べない!対策も効果なし」
【漫画】2歳「子供が自分でご飯を食べない!対策も効果なし」
マンガでわかる育児 イライラパパ
おもちゃは見えないところに片付けて、テレビは消すことはもちろん、パパとママが「これおいしそう!」や「よく食べたね~」などと盛り上げながら...
妊娠10カ月(36~40週) - お産のサインと出産の乗り越え方
妊娠10カ月(36~40週) - お産のサインと出産の乗り越え方
妊娠中のママと胎児 妊娠数カ月
もうすぐ生まれてくる赤ちゃんですが、ママが安心感を得るためにもあらかじめお腹の赤ちゃんの状態を確認しておきましょう。 特に推定体重は赤ちゃ...
【漫画】2歳「エア遊具で子供が突き飛ばされる!親はどこ?」
【漫画】2歳「エア遊具で子供が突き飛ばされる!親はどこ?」
マンガでわかる育児 イライラパパ
エア遊具に長男が入った途端、横から巨大な子供がドーンと突き飛ばしてきました。長男が倒れた様子を見て、ニヤニヤと笑っています。他の男の子や...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
コドミィ編集部
コドミィ編集部
EDITORIAL DEPARTMENT
妊娠、出産、育児の疑問を徹底解説。出産後の手続きや子連れで楽しめる旅館など、パパとママの不安を解消します。

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK