注目トピックス

NOTICE TOPIX
予防接種のスケジュールを計算!ヒブやロタなど11種類の間隔
予防接種のスケジュールを計算!ヒブやロタなど11種類の間隔
病気・トラブル対策 子供の体調不良
子供の予防接種は定期接種と任意接種を合わせて、11種類存在します。しかし、1回で済む予防接種はBCGのみですので、すべての回数を合計すると41回...
イヤイヤ期の原因と接し方!共感と代案で上手に対応できる
イヤイヤ期の原因と接し方!共感と代案で上手に対応できる
病気・トラブル対策 子育てのトラブル
突然起こったように見えるイヤイヤ期ですが、赤ちゃんのころも「お腹がすく、うんちが溜まる、うんちが出る、眠い、暑い、寒い、かゆい、痛い、怖...
入院時に揃えたい準備品38個!ストローや小銭があると便利
入院時に揃えたい準備品38個!ストローや小銭があると便利
妊婦・乳幼児グッズ 妊婦グッズ
出産予定日が決まっていても、一般的には前後10日はズレることもあります。正直、ママと赤ちゃん次第でいつ起こるかわからないといったほうが的確...
出産までに揃えたいグッズ69個!ミトンや鼻吸い器はよく使う
出産までに揃えたいグッズ69個!ミトンや鼻吸い器はよく使う
妊婦・乳幼児グッズ 妊婦グッズ
赤ちゃんが生まれる前に「この服かわいい」と嬉しくて買ってしまいがちですが、衝動買いをすると「実際は不要だった」や「プレゼントで貰った」と...
子供の塗り薬を比較!プロペト・ヒルドイド・アズノールなど
子供の塗り薬を比較!プロペト・ヒルドイド・アズノールなど
病気・トラブル対策 子供の体調不良
私の息子は肌が弱めであり、年中赤くなって、特に夜はかゆみが増してかわいそうでした。娘は女の子ということもあり、息子よりは肌が丈夫ですが...

閲覧ランキング

VIEW RANKING
出産後に行う8個の手続き一覧!出生届けは産後14日以内
出産後に行う8個の手続き一覧!出生届けは産後14日以内
子育てのお金とルール 子育てのルール
赤ちゃんを出産後には、出産に関しての手続きをしなければいけません。出生届けには産後14日以内といった期限がありますし、児童手当などは申請...
保育料の平均値は月2万~3万円!世帯年収と自治体で大きな差
保育料の平均値は月2万~3万円!世帯年収と自治体で大きな差
子育てのお金とルール 子育てのお金
厚生労働省が調査した「地域児童福祉事業等調査結果の概況」によると、児童1人あたりの平均保育料は月20,491円でした。ボリュームゾーンとしては2...
出産後のお見舞いマナー!産後3日目以降の午後に行く
出産後のお見舞いマナー!産後3日目以降の午後に行く
子育てのお金とルール 子育てのルール
専門誌などでは「身内以外に対しての病院への出産後のお見舞いは、マナー違反」とする記述を見かけますが、産後の状況は本当に人それぞれですの...
出産後の生理再開の時期!授乳や育児ストレスとも関係
出産後の生理再開の時期!授乳や育児ストレスとも関係
病気・トラブル対策 ママの体調不良
出産後に「生理はいつ再開するのか?」と疑問に思うママは多いです。例えば「赤ちゃんの世話で大変。しばらくは再開しないでほしい」と思うママも...
生後0カ月 - 視力が0.02しかなくてもママの顔はしっかり見る
生後0カ月 - 視力が0.02しかなくてもママの顔はしっかり見る
出産後のママと育児 生後数カ月
出生時の身長と体重にはかなりの個人差があり、平均身長は44.0~57.4cm、平均体重は2.1~5.2kgです。この中で体重は2,500g未満が低出生体重...

出産と育児のスケジュールを把握する

チェック1

妊娠10カ月間の予定表

初めての妊娠では「妊婦健診の病院選びや検査内容がわからない」や「266日間もお腹の中で過ごす赤ちゃんのために何かしたほうがいい?」などと悩むこともありますが、きちんと調べることですぐに慣れていきます。

まずは妊娠10カ月間のママと赤ちゃんの予定表を見てみましょう。妊娠中は摂取を控えるべき食品や出産前に済ませておく手続きなど、意外と事前に知っておきたい情報が含まれています。

妊娠月数
妊娠週数
妊娠生活で経験すること
1カ月
0~3週
  • 内服薬の服用を控えます。
  • お酒とタバコの摂取をやめます。
  • ストレスのない生活を心がけます。
2カ月
4~7週
  • カフェインの摂取を控えます。
  • 産婦人科で妊娠を確認します。
  • 妊娠と出産の知識を付けます。
3カ月
8~11週
  • つわりで気持ち悪くなりがちです。
  • 2週に1回健診を受けます。
  • 役所で母子手帳を貰います。
4カ月
12~15週
  • つわりが治まって食欲が戻ります。
  • 妊娠線の予防ケアを始めます。
  • 4週に1回健診を受けます。
5カ月
16~19週
  • お腹の膨らみが目立ち始めます。
  • 産みたい病院の分娩を予約します。
  • 戌の日に安産祈願をします。
6カ月
20~23週
  • 男女を区別しやすくなります。
  • 歯科健診を受け、治療は終えます。
  • 産後に使うベビーグッズを購入します。
7カ月
24~27週
  • 食生活を整え、体重を適正に保ちます。
  • 美容院で髪を短くします。
  • 仕事は今月いっぱいで産休に入ります。
8カ月
28~31週
  • 夜に長時間眠ることが難しくなります。
  • 2週に1回健診を受けます。
  • 入院グッズの準備をします。
9カ月
32~35週
  • 妊娠高血圧症候群に気をつけます。
  • 出生届などの手続きを確認します。
  • ベビーグッズ全般を購入します。
10カ月
36~40週
  • 出産のおしるしを意識します。
  • 1週に1回健診を受けます。
  • 産院までの交通手段などを確認します。

実際に妊娠中は「重いつわりで入院した」や「インフルエンザにかかった」など、トラブルが起こるかもしれません。たとえ健康状態が良好であっても不安を覚えたり、ストレスで余裕がなくなったりします。

それらを克服しながら妊娠ライフを幸せに過ごすためには、ママの体と心の健康状態に気を配り、妊娠、出産、育児の基礎知識を持つことが有効です。

チェック2

生後2年間の発育と予定

赤ちゃんとは無条件にかわいくて、成長すればするほど子どもの存在の大きさを実感しますが、妊娠中よりも出産後のほうが格段に忙しくなり、心身ともに余裕がなくなりやすいです。

そのため、事前に生後2年間における発育の目安と出来事を把握しておきましょう。ただし、下記のリストは個人差がかなりあるため、時期が前後していても問題はありません。

また「出産一時金や医療費控除で損したくない」や「出産後はきれいなボディラインに戻したい」など、あらかじめ必要な要望も精査して、積極的に子育てに取り入れていきたいです。

誕生年月成長過程で経験すること
0カ月
  • 飲んで眠るを1日中繰り返します。
  • 7日目に御七夜と命名式をします。
  • 14日目までに出生届を提出します。
1カ月
  • 目で物を追ったり、じっと見つめます。
  • 1カ月検診を受けます。
  • 生後1カ月でお宮参りに行きます。
2カ月
  • 声を「アー」と出します。
  • 首に力が入り、寝返りを試みます。
  • 生後2カ月から予防接種が始まります。
3カ月
  • 声を出して笑うようになります。
  • 首がすわり、両手を合わせます。
  • 100日目頃にお食い初めをします。
4カ月
  • 不快感を声で表現できます。
  • 積極的に物に手を伸ばします。
  • 顔にかかった布などを手で払います。
5カ月
  • 声を「マママ、ダダダ」と出します。
  • 寝返りできるようになります。
  • いないいないばあで喜びます。
6カ月
  • 感情表現が豊かになります。
  • 横向きで寝るようになります。
  • 両手に1つずつ物を持ちます。
7カ月
  • 声を出して親の注意を引きます。
  • お座りができ、視野が広がります。
  • 人見知りが始まる子がいます。
8カ月
  • ハイハイやつかまり立ちをし始めます。
  • 手づかみで食べたがります。
  • 棒などで叩くことができます。
9カ月
  • 小さな物がつまめるようになります。
  • 物を出し入れしたり、箱のフタを開けます。
  • 後追いが始まる子もいます。
10カ月
  • 理解して行動ができます。
  • つかまり立ちと伝え歩きができます。
  • リモコンのスイッチをいじれます。
11カ月
  • 意味のある言葉が出やすいです。
  • 個人差はありますが、立っちし始めます。
  • あんよをしようとします。
1歳
  • 3語以上を使い、指さしで答えます。
  • あんよができて、バイバイをします。
  • 1歳の誕生日会を開きます。
1歳6カ月
  • 5語以上の言葉や代名詞を言います。
  • 滑り台や砂場で遊び、ジャンプします。
  • 欲しい物を親にせがむようになります。
2歳
  • 2語以上で文章を作ります。
  • 簡単なお手伝いができます。
  • 真似っこや物を包むなど器用になります。

日本では妊娠と出産に対する支出には国が補助金を出してくれますし、育児中は手当も付きますので、しっかりと手続きをしておきたいです。

健康保険の加入者が受け取れる出産一時金、医療費が10万円超えると戻ってくる医療費控除、育児支援のための児童手当手当、役所で申請する乳幼児の医療費助成、働くママが受け取れる出産手当金や育児休業給付金などに加え、失業保険の延長もできます。

子育てには「お金がかかる」と思っている人も多く、実際に一時的な出費は発生しますが、子育てに関する国と地方自治体のサポートは欧米と比較しても見劣りしませんので、あとはパパとママの知識が頼りです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK